三日月レモンのちょこっとエッセイ

絵や絵本を描いて暮らしています。日々の思い、感じたこと、体験したこと、過去のこと、そんな何気ないことを書き綴っていきます。

言わなきゃ伝わらない

 

 ブログ生活5日目

  

 今朝、窓を開けて外を見ると2,3歳くらいの子どもとお母さんが手をつないで歩いていた。

子どもの歩くスピードでゆっくりゆっくりと歩くその親子の姿がとても微笑ましく、胸がジーンと温まるのを感じた。

この光景を一つの絵として見るとしたら、感じることは「愛」や「優しさ」「愛おしさ」であり、題名もそれらを連想させるものになるんだろうなと思った。

なんでこんなことを思ったのかというと、最近言葉や絵の見せ方で新たに思うところがある。

それは「言わなきゃ伝わらない」ということ。

その誰もが知っているような当たり前のことを私は今更しみじみ実感している。

実はその気持ちを強く感じたきっかけがある。

 

 

それはある映画監督が、自分の息子の初監督作品の試写会にいくという動画だった。

その父親は息子の初監督に大反対だったらしく、でも息子は反対を押し切って作品を作り上げた。

できた以上、世間の建前上か親の責任なのかそこら辺の心情はわからないが、とにかくその父親は試写会に出席して息子の作品を鑑賞した。

そして上映も途中で一度席を立ち、インタビュー記者に対して「まだ1時間しかたってないのに3時間も座っている気分だ」と言って煙草に火をつけた。

そのたばこを吸い終わると再び席に戻り、一応最後まで鑑賞した。

そしてその後のインタビューでただ一言「自分の子供を見ているようだった」とつぶやいた。

私はその言葉がどう思って言った言葉なのかわからなかった。

しかしそのテレビの解説では、この言葉は褒め言葉などではなく、実に子供っぽい、まだまだ幼稚という意味だと語られていた。

  

 

私はその息子の作品が大好きだったので、この父親に少しむっとした。

なぜならば私にとって息子の作品は慈愛や勇気に満ち溢れていて誰の心にも真っすぐ入ってくる素直さを感じるからだ。

一方、父親の作品も、かつてはその息子の作品に感じる同じものを感じたが、近年の作品は意味が深いのか、回りくどいのか、ただ一言「あんまりおもしろくなかったね」で終わってしまう。

楽しみで映画館に行っても「なんかよくわからなかったね」と言い合う人の声もよく聞こえてくる。

ただ単に私に学がなく、理解が浅いと言われればその通りなのだが、でも嘘偽りなく心は正直にそう感じてしまうのだ。

 

 

 この動画を見て「わかりやすさ」「素直さ」「シンプルなこと」「言いたいことをそのまま伝えること」の重要さ・・・というか大切さを感じた。

いくら自分の中で理想郷があって、それらをその世界観で美しく繊細に表現しようとしても、それを発表する以上「伝わらない」と意味がないんじゃないかと考えてしまう。

もちろんそれを敏感に感じ取れる人もいるだろう。

また、感覚的に好き、こういった色が好きでその作品が好きなこともある。

私がシャガールを好きな理由はまさにこれだ。

しかしそれは自分の中の理想が見えた世界であって、そう考えると私の絵は自己満足の世界なのだと痛感してしまう。

けど絵は自己満足の世界なんだからそれでいいんじゃない、と思う自分もいるし、いやいや、伝えたい事、訴えたいことがあるならばそのものずばりを表現することも必要なことだ、と思う自分もいる。

 

 

 「芸術は爆発だ」で有名な岡本太郎が言っていた。

日本人はみんな「ピカソ」と知らずに彼の絵を見たら誰もが「ふざけている」「なんだこの絵は」「子供の落書きか」と言ったが、「ピカソ」という巨匠の作品だと知ったら「素晴らしい芸術作品だ!」「これぞアート!」とあっさり言い換えたと。

そうなんだ、心の中は正直だから初めに見て「素敵!」なものは素敵だし、「なにこれ変なの」はなにこれ変なのだ。

 

 

 今朝のほほえましい親子連れの光景は愛を感じるし、テレビのニュースの残虐な事件には嫌悪や恐怖を感じる。

わかりやすさ、その物事が持つ情景、シンプルさ、そういったものを絵にも文章にも取り入れたいと感じている今日の朝でした。